「次のゆたかさ」を歴史と寄付から考える 5/22 sat「ひふみフォーラム2021春」のお知らせ【オンラインイベント】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「次のゆたかさ」を歴史と寄付から考える 5/22 sat「ひふみフォーラム2021春」のお知らせ【オンラインイベント】

こんにちは、ひふみラボnote編集部です。

今回は、イベントの告知です。

5月22日(土)13時よりオンラインイベント「ひふみフォーラム2021春」をYouTubeライブにて開催します!

イベントページはこちら↓

ひふみフォーラムは毎回ゲストをお招きして、レオスのメンバーとの対談を通じて、参加者の皆さんと一緒に「次のゆたかさ」を考えていくイベントです。

今回は、株式会社COTEN 代表取締役CEO 深井龍之介さん、株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長 家入一真さんそして認定NPO法人D×P 理事長 今井紀明さんの3名をお招きし、皆さんと「次のゆたかさ」を探っていきます。

ひふみフォーラムはどんなイベント?

私たちレオス・キャピタルワークスが運用する投資信託「ひふみ」シリーズは、2020年5月にリブランディングを行ないました。
ブランドメッセージとして掲げた「次のゆたかさの、まんなかへ」というコンセプトについて皆様と考えるべく、私たちはひふみフォーラムを開催しています。

リブランディングのストーリーはこちらのnoteでもご紹介しました↓

新型コロナウイルスの世界的な流行により、世の中の常識がかわると同時に、私たち自身も、これまでの働き方や、生活スタイルを変え、新しい挑戦を強いられた1年となりました。
社会が変化していく中で、一人ひとりがそれぞれにとっての「ゆたかさ」とは何だろう?と改めて見直すきっかけになったのではないでしょうか。

今回のひふみフォーラムでも、2つのセッションを通して「次のゆたかさ」を発見・深めていけるようなイベントにしてまいります!

Session1:歴史から見つける「自分」

Session1のゲストは、株式会社COTENの代表取締役CEO・深井龍之介さんです!

画像1

深井さんプロフィール:
大手電機メーカーの経営企画、2社のベンチャー企業取締役を経験。現在も複数のスタートアップ企業の取締役を兼任しながら株式会社COTENの代表を務める。歴史データベースを作成中。会社の広報としてPodcastで「歴史を面白く学ぶコテンラジオ」を放送中。2019年度Japan Podcast Awards大賞とSpotify賞をダブル受賞。Apple Podcast総合ランキング過去最高1位を獲得。

「歴史で知る、枠にとらわれない自分らしさの見つけ方」をテーマに、レオスの株式戦略部シニア・ファンドマネージャー佐々木との対談をお送りします。

型にはまった価値観の中ではなく、それぞれが自分でどう生きたいかを決めていく時代、どんな風に自分のゆたかさを見つけるのかわからないときには、先人が生きた「歴史」にもヒントがあります。
Podcastで放送中のラジオ『歴史を面白く学ぶ COTEN RADIO』で歴史を様々なテーマで語ってきた深井さんに、歴史を学ぶことで、今いる環境や自分自身の捉え方にどんな変化をもたらすのかを聞いてまいります!

・職場や学校での対人関係で悩んでいる
・職場や世の中の習慣、常識と言われることでもやもやすることがある
・周りの人と比較してつい落ち込んでしまう

など、日常のもやもやを抱えている方にはちょっと楽になるヒントがあるかもしれません。

ひふみラボnote編集部でもハマっているメンバー多数!
↓深井さんご出演中のラジオ「歴史を面白く学ぶコテンラジオ」

Session2:現状を知り、意思をもってお金をつかう

Session2は、レオスの代表藤野とゲスト2名による鼎談です。
このセッションのゲストは、株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長 家入一真さん、認定NPO法人D×P 理事長 今井紀明さんです!

画像2

家入さんプロフィール:
2003年株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ)創業、2008年JASDAQ市場最年少で上場。2011年クラウドファンディングサービス運営の株式会社CAMPFIREを創業、代表取締役社長に就任。2012年Eコマースプラットフォーム運営のBASE株式会社を設立、2019年東証マザーズ上場。その他ベンチャーキャピタル「NOW」代表、オンラインカウンセリングサービス運営の株式会社cotree顧問などを務める。

画像3

今井さんプロフィール:
高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題を知る。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、2012年にNPO法人D×Pを設立。オフライン(学校現場)とオンラインで生きづらさを抱えた若者に「つながる場」を届ける若者支援コミュニティを作っている。

こちらのパートは、「意思を持ったお金で作る めぐりとつながり」をテーマに、寄付や投資など、「自分以外に向ける」利他の意識などについてお話していきます。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの人が大切なものを奪われるなか、人間の本性が試されているという場面にたびたび遭遇します。他人に思いやりを寄せる人もいれば、匿名性に乗じて他人を攻撃する人もいて心を痛めることも少なくありません。
格差や貧困がますます広がる中で、どんな支援が求められているのか、社会の仕組みや制度はどうあるべきなのかを知り、みなさんと共に利他の意識について考えてまいります。

ゲストの今井さんが理事長を務める認定NPO法人D×P

家入さん・今井さんが立ち上げた「ジャンルを選んで寄付する」プラットフォームsolio

申し込みはこちらから

5/22 「ひふみフォーラム2021春」はいよいよ今週末!

全国各地、多くの方のご参加を心よりお待ちしております!


ありがとうございます!更新がんばります!
投資信託「ひふみ」を運用するレオス・キャピタルワークスの公式noteです。ちょっととっつきにくいと思われがちな「投資」のこと、「お金」のこと。本当の楽しさ、おもしろさを伝えたくて、あれこれ研究していきます。金融商品取引法に基づく表示等 https://bit.ly/2On4z9V