ひふみラボ note

投資信託「ひふみ」を運用するレオス・キャピタルワークスの公式noteです。ちょっととっつきにくいと思われがちな「投資」のこと、「お金」のこと。本当の楽しさ、おもしろさを伝えたくて、あれこれ研究していきます。金融商品取引法に基づく表示等 https://bit.ly/2On4z9V

ひふみラボ note

投資信託「ひふみ」を運用するレオス・キャピタルワークスの公式noteです。ちょっととっつきにくいと思われがちな「投資」のこと、「お金」のこと。本当の楽しさ、おもしろさを伝えたくて、あれこれ研究していきます。金融商品取引法に基づく表示等 https://bit.ly/2On4z9V

    マガジン

    • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝

      第14回山本七平賞を受賞され、100年経営の会顧問や、日本将棋連盟アドバイザーなど、多方面でご活躍されている作家・北康利先生による新連載企画です。 日本林学の父、公園の父と呼ばれる本多静六氏。明治神宮や代々木公園などの設計に留まらず、「四分の一天引き貯金」といった画期的な手法を提唱しました。 本多静六氏の、人生を豊かに生きるためのノウハウを通して、コロナ禍で下を向きがちな現代を生きる全ての日本人に、明るい未来を考える端緒として、お読みいただければ幸いです。 ※毎週金曜日更新

    • 映画「異動辞令は音楽隊!」特別コンテンツまとめ

      内田英治監督・脚本の映画「異動辞令は音楽隊!」にレオスは協賛しています。こちらのマガジンでは映画への私たちの想いがつまったコンテンツや映画をより楽しんでいただけるような記事をまとめていきます。

    • 叡王戦 レオス社員による観戦・舞台裏レポート

      レオスが特別協賛をつとめる将棋の八大タイトルの一つ「叡王(えいおう)戦」の五番勝負。 レオスのメンバーが舞台裏も含めてレポートしてまいります。

    • #ゆたかさって何だろう

      noteとコラボして開催している投稿コンテスト「#ゆたかさって何だろう」についての投稿をまとめてマガジンにしています。皆さんにとっての「ゆたかさ」をたくさんご紹介します。

    • レオスインターンと探る!偉人たちの投資のツボ

      私たちが学校の授業で習ってきた歴史で何となく知っている人物を掘り下げ、その功績や意外な一面、そして何よりもその投資家のような情熱を知ることで、現代に生きる私たちの「ゆたかさ」の再発見につなげられるのではないでしょうか。 人類の歴史の中でさまざまな困難を乗り越えた「レジェンド投資家」から、令和の私たちが見えてくることを、レオスでインターン中の熊野と一緒に探っていきます!

    最近の記事

    固定された記事

    ひふみ×異動辞令は音楽隊!×note 投稿コンテスト「#一歩踏みだした先に」をスタートします

    こんにちは。ひふみラボ編集部赤池です。 本日から、投稿コンテスト「#一歩踏みだした先に」がはじまりました! コンテスト詳細はこちらから↓ このコンテストでは、「#一歩踏みだした先に」をテーマにしたnoteの作品を募集します。エッセイや小説などの文章、マンガ、イラスト、動画など、形式は問いません。 今回、参考作品のご提供と審査員をnoteクリエイターの桜林直子(サクちゃん)さん、うえはらけいたさん、澤田智洋さんにお願いしました。参考作品は、順次公開していきます。ぜひご覧

    スキ
    49
      • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #72

        前回はこちら↓ 最終章 若者にエールを送り続けて (5) 『私の財産告白』 人生計画の最終章に到達し、計画通り晴耕雨読の隠居生活を楽しむはずであった。ところが、楽隠居が必ずしも〝楽〟でないことがわかったのだ。 八〇歳近くになったが、頭も体も少しも衰えたという自覚はなく、六〇歳の頃と少しも変わらない。これは人生計画を再度立案し直す必要があるのではと思い至った。そこで以前のものを旧人生計画と呼び、新人生計画を練り直し始めた。 その結果がこうだ。 八五歳までの二〇年間をお礼奉公

        スキ
        27
        • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #71

          前回はこちら↓ 最終章 若者にエールを送り続けて (4) 希望を失うことなく そして迎えた敗戦。八月一一日に七九歳を迎えたばかりであった。 幸いにも渋谷の家は戦火を免れ、伊東の歓光荘も無事であった。 だが戦時中から続いていた食糧不足は一層深刻になり、猛烈なインフレが来襲する。 物資は闇市に行かなければ買えないという混乱の中、それでも静六は博夫婦に頼ることなく伊東で頑張っていた。静六の言葉に〝独立自強〟というのがある。他人の厄介にならず独立生活してゆく人のことである。晩年ま

          スキ
          31
          • 異動辞令は音楽隊!完成披露試写会レポート

            こんにちは。ひふみラボ編集部赤池です。 7月28日(木)、ひふみが特別協賛する映画「異動辞令は音楽隊!」の完成披露試写会が開催され、本作の脚本・監督である内田英治監督、主演の阿部寛さんをはじめとしたキャスト陣が出席し舞台挨拶を行ないました。 日本で一般の方々に初めて映画をお披露目する場にレオスからもお客様、代表の藤野をはじめ数名の社員が参加しました。 今回は、高校時代吹奏楽部でトランペットを担当していたマーケティング部の赤池が当日の様子をレポートします! 豪華キャスト

            スキ
            22
            • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #72

              スキ
              27
              • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #71

                スキ
                31
                • 異動辞令は音楽隊!完成披露試写会レポート

                  スキ
                  22

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝

                  • 76本

                  第14回山本七平賞を受賞され、100年経営の会顧問や、日本将棋連盟アドバイザーなど、多方面でご活躍されている作家・北康利先生による新連載企画です。 日本林学の父、公園の父と呼ばれる本多静六氏。明治神宮や代々木公園などの設計に留まらず、「四分の一天引き貯金」といった画期的な手法を提唱しました。 本多静六氏の、人生を豊かに生きるためのノウハウを通して、コロナ禍で下を向きがちな現代を生きる全ての日本人に、明るい未来を考える端緒として、お読みいただければ幸いです。 ※毎週金曜日更新

                • 映画「異動辞令は音楽隊!」特別コンテンツまとめ

                  • 3本

                  内田英治監督・脚本の映画「異動辞令は音楽隊!」にレオスは協賛しています。こちらのマガジンでは映画への私たちの想いがつまったコンテンツや映画をより楽しんでいただけるような記事をまとめていきます。

                • 叡王戦 レオス社員による観戦・舞台裏レポート

                  • 16本

                  レオスが特別協賛をつとめる将棋の八大タイトルの一つ「叡王(えいおう)戦」の五番勝負。 レオスのメンバーが舞台裏も含めてレポートしてまいります。

                • #ゆたかさって何だろう

                  • 12本

                  noteとコラボして開催している投稿コンテスト「#ゆたかさって何だろう」についての投稿をまとめてマガジンにしています。皆さんにとっての「ゆたかさ」をたくさんご紹介します。

                • レオスインターンと探る!偉人たちの投資のツボ

                  • 3本

                  私たちが学校の授業で習ってきた歴史で何となく知っている人物を掘り下げ、その功績や意外な一面、そして何よりもその投資家のような情熱を知ることで、現代に生きる私たちの「ゆたかさ」の再発見につなげられるのではないでしょうか。 人類の歴史の中でさまざまな困難を乗り越えた「レジェンド投資家」から、令和の私たちが見えてくることを、レオスでインターン中の熊野と一緒に探っていきます!

                • 心地よい未来のための自分運用大作戦

                  • 6本

                  社会問題や将来の不安と戦いながら楽しく生きていくための方法について、バンドマンで投資家、そして『くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話』の著者であるヤマザキOKコンピュータさんと一緒に考えていく連載です!

                • ひふみのアンテナ

                  • 24本

                  日々、ビジネスの現場を歩いて取材、分析するのがアナリストの仕事。社内で彼らの雑談に耳を傾けていると、世の中の新しい流れが見えてきます。アナリストたちが独自のアンテナでキャッチしたネタを大いに語ってもらおうという連載です。

                • イベントレポート

                  • 20本

                  レオス・キャピタルワークスで行なわれたイベント・セミナーのレポートを更新しています。

                • ミレニアル世代の資産づくり

                  • 13本

                  ミレニアル世代を代表して、noteのディレクターをされている平野太一さんに資産づくりに挑戦していただきます。 貯金ゼロからのスタートで「お金とこれから」に、向き合っていただきます。

                • 子どもに伝えたい、お金のこと

                  • 10本

                  「これから子どもにお金のことをどう教えていけばいいのか」と戸惑っていらっしゃるお父さんお母さん、いらっしゃいませんか。 一児の母でもある、ライター田中裕子さんもその一人です。 この連載では田中さんがインタビュアーとなって、「投資のプロ」でもあるレオス・キャピタルワークスのメンバーが考える「お金の教育」について、率直に尋ねていきます。

                • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝

                  • 76本

                  第14回山本七平賞を受賞され、100年経営の会顧問や、日本将棋連盟アドバイザーなど、多方面でご活躍されている作家・北康利先生による新連載企画です。 日本林学の父、公園の父と呼ばれる本多静六氏。明治神宮や代々木公園などの設計に留まらず、「四分の一天引き貯金」といった画期的な手法を提唱しました。 本多静六氏の、人生を豊かに生きるためのノウハウを通して、コロナ禍で下を向きがちな現代を生きる全ての日本人に、明るい未来を考える端緒として、お読みいただければ幸いです。 ※毎週金曜日更新

                • 映画「異動辞令は音楽隊!」特別コンテンツまとめ

                  • 3本

                  内田英治監督・脚本の映画「異動辞令は音楽隊!」にレオスは協賛しています。こちらのマガジンでは映画への私たちの想いがつまったコンテンツや映画をより楽しんでいただけるような記事をまとめていきます。

                • 叡王戦 レオス社員による観戦・舞台裏レポート

                  • 16本

                  レオスが特別協賛をつとめる将棋の八大タイトルの一つ「叡王(えいおう)戦」の五番勝負。 レオスのメンバーが舞台裏も含めてレポートしてまいります。

                • #ゆたかさって何だろう

                  • 12本

                  noteとコラボして開催している投稿コンテスト「#ゆたかさって何だろう」についての投稿をまとめてマガジンにしています。皆さんにとっての「ゆたかさ」をたくさんご紹介します。

                • レオスインターンと探る!偉人たちの投資のツボ

                  • 3本

                  私たちが学校の授業で習ってきた歴史で何となく知っている人物を掘り下げ、その功績や意外な一面、そして何よりもその投資家のような情熱を知ることで、現代に生きる私たちの「ゆたかさ」の再発見につなげられるのではないでしょうか。 人類の歴史の中でさまざまな困難を乗り越えた「レジェンド投資家」から、令和の私たちが見えてくることを、レオスでインターン中の熊野と一緒に探っていきます!

                • 心地よい未来のための自分運用大作戦

                  • 6本

                  社会問題や将来の不安と戦いながら楽しく生きていくための方法について、バンドマンで投資家、そして『くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話』の著者であるヤマザキOKコンピュータさんと一緒に考えていく連載です!

                • ひふみのアンテナ

                  • 24本

                  日々、ビジネスの現場を歩いて取材、分析するのがアナリストの仕事。社内で彼らの雑談に耳を傾けていると、世の中の新しい流れが見えてきます。アナリストたちが独自のアンテナでキャッチしたネタを大いに語ってもらおうという連載です。

                • イベントレポート

                  • 20本

                  レオス・キャピタルワークスで行なわれたイベント・セミナーのレポートを更新しています。

                • ミレニアル世代の資産づくり

                  • 13本

                  ミレニアル世代を代表して、noteのディレクターをされている平野太一さんに資産づくりに挑戦していただきます。 貯金ゼロからのスタートで「お金とこれから」に、向き合っていただきます。

                • 子どもに伝えたい、お金のこと

                  • 10本

                  「これから子どもにお金のことをどう教えていけばいいのか」と戸惑っていらっしゃるお父さんお母さん、いらっしゃいませんか。 一児の母でもある、ライター田中裕子さんもその一人です。 この連載では田中さんがインタビュアーとなって、「投資のプロ」でもあるレオス・キャピタルワークスのメンバーが考える「お金の教育」について、率直に尋ねていきます。

                記事

                記事をすべて見る
                  • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #70

                    前回はこちら↓ 最終章 若者にエールを送り続けて (3) 晴耕雨読の楽隠居 昭和の初め頃から、戦時色が日に日に濃くなっていく。 そして昭和一六年(一九四一)一二月八日、ついに太平洋戦争の火蓋が切られた。 有名な〝欲しがりません勝つまでは〟という標語は、昭和一七年(一九四二)に大東亜戦争開戦一周年を記念し、「国民決意の標語」として大政翼賛会と新聞社が募集した三二万点のうちの入選作である。  資源の少ないわが国では、開戦と同時に極度の耐乏生活が求められていた。 そこで軍部は静

                    スキ
                    32
                    • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #69

                      前回はこちら↓ 最終章 若者にエールを送り続けて (2) 本多静六博士奨学金制度 四分の一天引き貯金を始めて三五年が経過した六〇歳頃には、貯金、株式等の他に山林が一万町歩余り、貸家を含む住宅と別荘六ヵ所という、現在価値にして五〇〇億円は下らないであろう資産を形成するに至った。 だが物事は度をすぎると必ずそこに問題が生じてくる。 そもそも財産が一〇〇兆円にもなるかと言えばそうは問屋が卸さない。どんな国でも、その国の富を少人数の手に握らせておくようなことは許さないからだ。彼

                      スキ
                      28
                      • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #68

                        前回はこちら↓ 最終章 若者にエールを送り続けて (1) 優秀な子や孫たち 静六の人生は順風満帆、向かうところ敵なしの快進撃のように見える。しかし人生に哀しみの翳(かげ)を持たない人間などいない。彼もまたそうであった。 人生で最大の不幸の一つは、わが子を失うことだろう。三男四女をもうけた本多夫妻だったが、次女の美祢子を数え三歳で、次男の武を数え五歳で亡くし、おそらく日露戦争勃発の月に生まれたので勝と名付けられたであろう三男も、一旦は關(せき)イシという人のところに養子に出た

                        スキ
                        33
                        • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #67

                          前回はこちら↓ 第五章 人生即努力、努力即幸福 (13) 四分の一天引き貯金余話静六の家族にしても弟子たちにしても、静六の没後、いの一番に彼の思い出としてあがるのが四分の一天引き貯金にまつわる苦労話であった。 この話が出ると彼らの表情はきらきらし、自分がいかにこれで苦労したかをとうとうと披露し合う。するとそこになんともいえない一体感が生まれ、皆うんうんとうなずきながら故人を偲ぶというのが常であった。 銓子は見事耐え抜いたが、大変だったのが彼を学問の師と仰ぐ弟子とその奥方だ。

                          スキ
                          27
                          • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #66

                            前回はこちら↓ 第五章 人生即努力、努力即幸福 (12) 職業の道楽化静六は〝計画はいかにそれが上出来であっても、計画にとどまるうちは無価値である〟と語っているが、見事なくらい二五歳の時に立てた人生計画通りに生きてきた。 実はそこには秘訣があったのだ。あくまでも楽しくやることである。 計画を立てるだけでなく、時折振り返り、計画通りかどうか一喜一憂しながら、それをまるでゲームのように楽しみながら生きていた。楽しくなければ長続きはしない。続けることが大きな成果につながる。これこ

                            スキ
                            37
                            • アツい夏は映画館へ!映画「異動辞令は音楽隊!」完成披露試写ご招待キャンペーンご案内

                              【こちらのキャンペーンは終了しています】 こんにちは。ひふみラボ編集部です。 当社が協賛する映画「異動辞令は音楽隊!」の完成披露試写会に、抽選で5組10名様をご招待いたします! 試写会には主演の阿部寛さんをはじめ、清野菜名さん、磯村勇斗さんほか豪華キャストの皆さんも登壇予定です。 以下の応募概要をご覧のうえ、ぜひ奮ってご応募ください。 異動辞令は音楽隊公式HP↓ 「異動辞令は音楽隊!」とは? この映画の監督は第44回日本アカデミー賞で最優秀作品賞ほか数々の賞に輝いた『

                              スキ
                              13
                              • 第7期叡王戦を通して感じた将棋に夢中な人たちの熱

                                こんにちは。ひふみラボ編集部赤池です。 レオスが特別協賛をつとめた「第7期叡王戦」は藤井聡太叡王が挑戦者・出口若武六段に3連勝し第3局で同タイトル史上初の防衛を決めました。 ひふみラボnoteでは、レオス社員が対局の舞台裏をレポートしてまいりましたが、将棋の奥深さや棋士の方々の将棋愛、将棋ファンの熱に圧倒されすっかり将棋の魅力にハマったメンバーの想いが込められています。 第1局レポート↓ 第2局レポート↓ 第3局レポート↓ 今回は、他のメンバー同様すっかり将棋の世

                                スキ
                                104
                                • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #65

                                  前回はこちら↓ 【上高地】 第五章 人生即努力、努力即幸福 (11) 国立公園協会そもそも森林は、林業のような経済面や防雪や水源のような機能面のみならず、風景美で人々の心を癒すという重要な役割を持っている。そのため静六は知らず知らずのうちに〝風景専門家〟として認知されていく。 大正二年(一九一三)四月の深夜、突然本多邸を訪れてきた二人の人物がいた。 宇治川電気(現在の関西電力)の技師長である石黒五十二(いそじ)と営業課長の林安繁(やすしげ)(後の宇治川電気社長)である。

                                  スキ
                                  31
                                  • 「なんで、私たちが」 映画「異動辞令は音楽隊!」協賛へのストーリー

                                    こんにちは。ひふみラボ編集部白水です。 このたび、8月26日(金)全国公開となる映画「異動辞令は音楽隊!」に「ひふみ」で協賛することが決定しました! この映画の監督は第44回日本アカデミー賞で最優秀作品賞ほか数々の賞に輝いた『ミッドナイトスワン』を手掛け、映画界でいま最も注目される内田英治さん、そして主演はなんと!どんな役もモノにする圧倒的演技力とお茶の間の好感度、そして唯一無二の存在感をもって常にトップに立ち続ける阿部寛さんです。そのほかにも清野菜名さん、磯村勇斗さん、

                                    スキ
                                    41
                                    • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #64

                                      前回はこちら↓ 【三井物産社長・益田孝】 第五章 人生即努力、努力即幸福 (10) 帝国森林会大日本山林会は、東京山林学校を設立した初代校長の松野礀が奔走し、林業の改良と進歩を目的として明治一五年(一八八二)に立ち上げた組織である。 そして実務レベルで会の運営を担い、会報の主たる執筆者でもあったのが、川瀬善太郎と静六の二人だった。 余談だが、現在、大日本山林会では会報『山林』をデジタルデータ化し、検索できるよう整備している。試みに本多静六で検索すると三一五件ヒットした。長

                                      スキ
                                      31
                                      • B.LEAGUE(Bリーグ)一部昇格を目指して!熱き闘いの2日間

                                        こんにちは。ひふみラボ編集部です。 当社がオフィシャルパートナーをつとめるB.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム、「西宮ストークス」のレギュラーシーズンホーム最終節が2022年4月30日(土)・5月1日(日)にひふみ冠試合として開催されました。 熱い闘いが繰り広げられた2日間の様子を経営企画&広報・IR室の仲岡がレポートします! オフィシャルパートナーとなった背景はこちら↓ 最終節、熱き闘いの2日間 対戦相手はB2首位の香川ファイブアローズ。勝敗の結果によっ

                                        スキ
                                        11
                                        • 叡王戦応援&ありがとう!第三弾 叡王戦記念の扇子&揮毫色紙を抽選で合計10名様にプレゼント!

                                          こんにちは。ひふみラボ編集部です。 レオスが特別協賛をつとめる「第7期 叡王戦 五番勝負」は第3局に5月24日(火)に千葉県柏市の三井ガーデンホテル柏の葉内にある「柏の葉カンファレンスセンター」で開催されました。 第3局のレポートはこちら↓ 藤井叡王と出口六段の熱戦が繰り広げられた第7期叡王戦は、藤井叡王のタイトル防衛という結果で幕を閉じました。みなさまには、応援いただきありがとうございました。 第7期叡王戦への応援に感謝して、藤井叡王と出口六段の揮毫(きごう)が載っ

                                          スキ
                                          15