見出し画像

肉乃小路ニクヨさんに会いたい。自分にとってのゆたかさ、幸せとは何かを考える時間。

こんにちは、ひふみラボ編集部です。

今回は6月に開催する「ひふみフォーラム2023」にゲストとしてご登壇いただく、肉乃小路ニクヨさんをご紹介します。
なぜひふみフォーラムでニクヨさんにご登壇いただきたいと考えたのか、企画を担当するマーケティング部の赤池に話を聞きました!
 
イベント内容や参加方法などは、記事の後半を読んでいただければと思います。

ニューレディー 肉乃小路ニクヨさんのプロフィール

慶應義塾大学在学中の1996年より女装を開始する。並行して会社員としても勤務。主に銀行と保険会社でキャリアを積む。 セクシャルマイノリティーとしての葛藤で苦しんだ青少年期とショウガール、ゲイバーのママ、会社員時代に鍛えた人間観察力を活かして、経済、お金、恋愛、ライフスタイル等について語る。

ニクヨさんとの出会い

――レオス社内では、以前からニクヨさんの活動が知られていたようですね。
 
赤池:実は2年位前に、レオスのメンバーからニクヨさんのWEB連載(with class)を教えてもらって、発信されている内容に興味を持っていました。私自身がかつてwithの読者だったこともあって、20~30代に向けて生き方のヒントを語ってくれているように感じていました。

――ニクヨさんは連載をとおして、お金の話題を切り口に読者が持つ様々な悩みに答えています。仕事、恋愛、将来のこと、家族や子供のこと……。生きていれば、誰もが「壁」にぶつかって悩みます。どんな立場の人に対しても、広い視点で意見を伝えてくれるニクヨさんの言葉には、思わず「わかる!」と相槌をうってしまいますね。
 
赤池:ちょうど今回のひふみフォーラムの企画をはじめた頃、ニクヨさんが投資や生き方について話すあるインタビュー記事を目にしました。それをきっかけにニクヨさんが出ている色んなコンテンツに触れました。
見ていく中で、ニクヨさんは言葉を受け取る人に対してものすごく配慮されているんだろうな、と感じました。ハッキリ物申す、という感じではなくて、相手の立場や状況に理解を示しながら、モヤモヤを晴らすにはどのように考えればよいのかを伝えてくれる。そう受け取りました。
ニクヨさんの言葉はどうしてこんなに力強く優しいんだろう、というのを知りたいし、そこに多くの人にとってご自身の「ゆたかさ」を考えるヒントとなるものがあるのでは、と考え、今回ニクヨさんにご登壇いただきたい!と出演を打診しました。
 
なんとニクヨさんはひふみのことやレオスの事を前から知ってくださっていて、私たちの想いにも共感いただいていたとまで仰ってくださいました。ご快諾くださった時には思わずガッツポーズしましたね。(笑)先日イベントの告知をしたところ社内でも反響が大きくて、ニクヨさんのファンがたくさんいることが判明しました。(笑)

自分に合う選択肢を見つけられる世の中になってほしい

――赤池さんは2020年からずっと「ひふみフォーラム」の企画を担当していますが、お客様とどんなことを考えていきたいと思っていますか?
 
赤池:ご自身にとってのゆたかさとは何だろう、と考えることが「ひふみフォーラム」を開催する目的といいますか、そういう場になれば嬉しいと思っています。
多様な生き方が尊重される世の中になってきたとはいえ、まだまだ「●●だからこうあるのが普通」という見えない磁力に引きずられてしまう現実もあります。「女性は結婚して子供をもつのが普通」というのもその1つですよね。私の場合だと、「30代の女性なら〇〇だよね」という常識みたいなものにモヤモヤを感じることも多いです。
それじゃあ自分にとっての幸せ、ゆたかさって何だろう?と言われるとすぐに答えが出るわけでもなく…。私たちは自由に生きられる時代にいながら、じゃあどうすればいいの?と暗中模索している気がします。
 
また、 年齢、性別、人種、宗教、趣味嗜好 さまざまな価値観が尊重される機会がふえたことによって、自分がまだ出会ったことがない価値観に出会ったときに相手とどう交わっていくのかがわからない場面もあります。
 
そんな中で、少しだけわかったこともあります。
これまでひふみフォーラムに参加してくださったゲストの皆様から、いろんな選択肢があることがゆたかな人生につながるのではないかということを学びました。「こんな生き方もあるんだ」「こっちの道を選んでもいいんだ」と多くのケースを知ることができれば、今いる場所が窮屈だったとしても少し肩の力を抜いて生きることができるのかな、と思っています。
 
――ニクヨさんは、YouTubeなどを通してご自身の生き方を発信しています。自己紹介のコメントには「いろいろなことに挑戦していきたいと思います」と書かれています。多彩なキャリアを築いてこられた、その原動力についてお話をうかがいたいですね。

赤池:私のイメージですが、「自由に生きていい」という今の時代において、ニクヨさんは人生の選択を他人の考え方に依存するのではなく、ご自身の考えにもとづいて進んでいらっしゃるように感じています。本当にそうなのか、ニクヨさんが考えるこれからの自分の在り方など、イベントでうかがえるのを楽しみにしています!

▼ひふみフォーラム2023 参加方法

開催日時:2023年6月24日(土)13:00ー16:00

▽東京会場:日比谷国際ビル コンファレンススクエア
(〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目2-3 日比谷国際ビル8階 8C)
抽選で80名の方にご参加いただけます。

お申込みフォームはこちら【6月15日(木)23:59締切】
https://123.rheos.jp/seminar/seminar_form_noheader.do?openDate=20230624&seq=1&

▽YouTubeLive配信:どなたでもご視聴いただけます。 

▼イベントでの企画

当日ゲストやレオスメンバーに聞いてみたいことも募集していますので、
こちらからぜひお寄せください↓
https://enquete.eventos.tokyo/vote?key=4PhhDvjC8BOxY0rTukCh

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

※セミナー等で金融商品の説明等をすることや、お客様からのご依頼がある場合に金融商品に関する追加の説明等をすることがあります。しかしながら、売買の推奨等を目的とした投資勧誘は行ないません。また、金融商品の案内、説明等はあくまで各お客様ご自身のご判断に資するための情報提供目的であり、金融商品の購入等を推奨するものでもありません。

この記事が参加している募集

#企業のnote

with note pro

12,984件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!