【イベントレポート】#これからのお金の話 note・Zaim・レオスのコラボ!家計と投資を考える日曜日

こんにちは。
「ひふみラボ」編集部の坂崎です。

5/19(日)note を運営するピースオブケイクで、コラボイベントを開催!
レオス・キャピタルワークス代表取締役社長の藤野英人が登壇いたしました。

こちらでさっそく、イベントレポートをお届けします。

外苑前のピースオブケイク。白を基調としたとってもおしゃれなオフィスで、エントランスのすぐ奥が広いイベントスペースになっています。

今回は、家計簿アプリのZaimとの初コラボになります。

まずはZaimの閑歳社長が「暮らしを変える、お金との向き合い方」をテーマに家計管理の考え方をお話ししてくださった後、藤野からは「10年後の未来が楽しみになる これからの投資の考え方」というテーマで投資の入門編のお話。最後に、ピースオブケイクの加藤社長も交えてパネルトーク&質疑応答、という流れでした。

日曜の昼間に66名!感度の高いnoteのユーザーさんたちがたくさん集まってくださりました。ひふみラボの平野太一さんの連載を読んで来ていただいた平野さんと同世代(20代・投資未経験)の参加者の方も多かったようで、いわゆる「お金のセミナー」っぽくない雰囲気でのスタートです。

お金に対して不安になるのはどうして? 投資が怖いのはどうして?

初めてのコラボとは思えないほど、閑歳さんと、藤野、二人の話は息がぴったり!話の内容がバトンリレーのように見事にリンクしていました。

閑歳さんのお話は、「人生に不確定要素が多すぎるため、お金に対して多くの人が漠然とした不安を持っている」ということから始まります。まず、それに向き合うためのシンプルな問いを用意してくださっていました。

それは「あなた自身が心からお金や時間をかけたいと思うことは何?」ということ。

これは本当に人それぞれで、この問いに向き合うことで、逆に「お金や時間をかけなくてもよいこと」がわかるのだそうです。確かに自分には必要のないことで漠然と不安になっているということもありそうですよね。

その次、具体的にどうしたらいいかということで、わかりやすいステップを示してくださります。

1. いま、何にお金を使っているかを知る
2. これからやりたいこと、やるべきことを整理する
3. お金で解決できることと、解決できないことを分ける
4. お金を増やすことと、減らすことを検討する

よくあるのが、4のステップから手をつけて行き詰まってしまうというケース。1〜3のステップがしっかりしていないと、4だけやっても上手くいきません。そして1のところで家計簿アプリのzaimが大いに役立つというわけですね。

藤野の最新刊『お金を話そう。』でも、まさにこのあたりの話を重点的に書いているんです。帯にも「いま必要なのは、お金の貯め方より、『使い方』の話かもしれない」とありますね!

続いて、藤野が「投資」の考え方についてお話ししました。

ここでお伝えしたかったのは「本当は投資って素晴らしくて面白いことなんです!」ということ。「投資」というとあまりポジティブなイメージを持っていなかった人も多かったと思います。そのイメージをガラッと変えていただくための15分間です。

まず、そもそも「すべてのものは誰かが過去に投資したもので成り立っている」という話をしました。この部屋にあるもの、椅子やスクリーンも誰かがリスクをとってお金を借りて工場を建てて、利益を出そうとして生産してくれたからこそ、存在しています。そう考えると、投資がわたしたちの暮らしとすごく身近なものに感じられてきます。

また、「投資とは、お金だけの話ではなく、エネルギーを投入して未来からお返しをいただくこと」という話も、多くの方に納得いただけたようです。「ありがとう」という言葉も、ノーリスクで1円もかからないけど、「未来をよくする」という意味においては、れっきとした投資なんですね。

みなさんの「投資」に対するイメージ、少し変わったのではないでしょうか。


実体験に基づいたノウハウに目からウロコ!

後半は、ピースオブケイク加藤さんも交えたパネルトークです。

実体験に基づいた具体的なノウハウが、いろいろと飛び出しました!

iDeco(イデコ・個人型確定拠出年金)や、つみたてNISAの話、個別株式への投資の始め方なども。もともと「投資」が遠かった人も、前半の話を受けていたために、興味を持って聞いていただけているようでした。

質疑応答では「藤野が実際に行なっていた自分の子供への投資教育」というテーマも盛り上がりました。これはかなり個人的にも目からウロコでしたので、また別途こちらでも記事にしていきたいと思います!

参加者のみなさまの感想

参加者のみなさまから、続々とイベントレポートをいただいています!
ありがとうございました。

noteのユーザーさんは「書く」「表現する」ということを日常的にされている方々なので、すぐにこうしてご自身の気づきをまとめてくださるんですね!これはイベントを企画する側としては、とても嬉しいし、励みになりました。

率直な感想をくださっているので、ぜひ読んでみてください!

くりはらせいこさん
「お金を語る人たちで、初めてまともな人たちに会ったという印象」
Lin Itoさん
「投資と聞くと難しい印象なのですが、『ありがとう』も投資という言葉が出てきたり、非常にわかりやすくお金の”増やし方”について話てくださったので、今まであった『投資』のイメージが、とても良い方向に大きく変化しました!」
ゴフクヤさん
「投資って全然やったことなかったし、ましてや株式投資なんて全然興味を持てなかったけど、この話を聞いてかなり面白そうだと感じた」
投資OLゆうき♡アラサーOLさんのお金関連はお任せあれ!さん
「いくつも質問は上がっていましたが、特にこの子供のお金の教育のお話が興味深い!」
 akito_marketingさん
「自分が1番大切なメッセージだなと感じたのは『お金それ自体にとらわれすぎることなく、自分がなにを大切にしていて、なにをしたいのか考えながらお金と付き合っていく』ということ」

そして、Zaimのnoteでもレポートをまとめていただいています。楽しい会になって良かったですね、綿島さーん!

これからもnoteとコラボして何か企画ができたらいいなあ、と思っています。今後もご期待ください!

レオス・キャピタルワークスでは、お金や投資を楽しく学べるような、さまざまなセミナー・イベントを開催しています。
みなさまのご参加をお待ちしております!
https://www.rheos.jp/seminar/


この記事が参加している募集

29

ひふみラボ note

投資信託「ひふみ」を運用するレオス・キャピタルワークスの公式noteです。ちょっととっつきにくいと思われがちな「投資」のこと、「お金」のこと。本当の楽しさ、おもしろさを伝えたくて、あれこれ研究していきます。金融商品取引法に基づく表示 https://bit.ly/2On4z9V

イベントレポート

レオス・キャピタルワークスで行われたイベント・セミナーのレポートを更新しています。
1つ のマガジンに含まれています