見出し画像

「なんで、私たちが」 映画「異動辞令は音楽隊!」協賛へのストーリー

ひふみラボ note

こんにちは。ひふみラボ編集部白水です。

このたび、8月26日(金)全国公開となる映画「異動辞令は音楽隊!」に「ひふみ」で協賛することが決定しました!

この映画の監督は第44回日本アカデミー賞で最優秀作品賞ほか数々の賞に輝いた『ミッドナイトスワン』を手掛け、映画界でいま最も注目される内田英治さん、そして主演はなんと!どんな役もモノにする圧倒的演技力とお茶の間の好感度、そして唯一無二の存在感をもって常にトップに立ち続ける阿部寛さんです。そのほかにも清野菜名さん磯村勇斗さん高杉真宙さん光石研さん倍賞美津子さん他豪華なキャスティングです。

加えて、主題歌を歌うのは幅広い年齢層を魅了する人気ピアノポップバンド・Official髭男dismです。新曲「Choral A」はこの映画のために書きおろしたそうです。
メンバーの楢﨑誠さんがかつて島根県警察音楽隊でサックスを演奏していたことが主題歌選考に強く後押ししたとか。今から公開が楽しみです!

解禁されたポスタービジュアルは、「なんで俺が」という言葉の通り、制服姿でドラムセットを前に浮かない表情の阿部寛さんの姿が印象的ですが、今回は「なんで私たちが」この映画を協賛するのか?協賛までのストーリーをお伝えしてまいります。

画像1

映画のストーリーが協賛への決め手に?

「映画の協賛にご関心ありますか?」

と当社の代表取締役会長兼社長の藤野にお声がけいただいたのは、本作の制作サイドの意向を受けた、ピアノ音楽誌の関係者の方からでした。(藤野は「Twitterピアノの会」を立ち上げ、自らショパンコンクールにも出場して入賞するほどの腕前です。)

映画の協賛?突然のお申し出に最初は驚きを隠せなかったのですが、ここからこの映画のストーリーについての探索が始まります。

映画のあらすじ
部下に厳しく、犯人逮捕のためなら手段を問わない捜査一課のベテラン刑事・成瀬司。高齢者を狙ったアポ電強盗事件を捜査する中で、令状も取らず強引な捜査を繰り返した結果、広報課内の音楽隊への異動辞令が発令されるという「青天の霹靂」から始まります。
辞令を受けて着任するとそこにいたのは、覇気のない音楽隊員たち。そして、成瀬に命じられたのは、パーカッション(打楽器)です。いままでとは大きく違う環境で、完全に場違いな成瀬はどうにも腑に落ちません。そこから成瀬はどう変化していくのでしょうか・・・・・・

これまで私たちはお客様に未来に向けての「投資」の有用性について伝えてきました。
「投資」と聞くと、お金でお金を増やすイメージがありますが、必ずしもそうではなく、自分に投資をする「自己投資」も含んでいます。

例えば、勉強するとか、新しい言語を習得すること、仕事の可動域を増やすこともそうです。さらにもっと広げると、趣味で楽器やスポーツを始めるとか、未来に向けて何かに挑戦することが、私たちが伝えたい「投資」です。
しかしながら、もともと日本は「投資」に対してネガティブなイメージを持つ人もいて、未来に向けて挑戦することや、未来を信じる力が弱いことに危機感を抱いています。

さらに未曾有の事態でステイホームを強いられ、気持ちが内向きになってしまった人も多くなったと感じます。「もう少し気持ちも身体も前に向かって生きていくにはどうしたらいいのだろう?」 と社内でもお客様とのコミュニケーションを模索する日々が続いていました。

そんな中、「異動辞令は音楽隊!」のストーリーを伺って、これからの日本に必要なテーマであるとともに、私たちが運用・販売する投資信託ひふみのコンセプトである「次のゆたかさの、まんなかへ」を体現するようなメッセージが随所に埋め込まれていると感じました。

次のゆたかさって何だろう? 私たちは、年に数回このメッセージがぶれていないか確認するとともに、お客様とゆたかさを共有するイベントを行なっているのですが、ひとつのゆたかさの在り方を示しているのも協賛の決め手となりました。

内田監督の挑戦と私たちの挑戦

もうひとつ心が動いたのが内田監督の挑戦です。
今回は、前作ミッドナイトスワンに引き続き、原案から描くオリジナル脚本にチャレンジしています。

YouTubeで偶然目にした警察音楽隊のフラッシュモブ演奏の映像から着想を得たとのこと。ご自身が挫折しそうになったとき、音楽に救われた過去があると仰っていて、今回はそんな想いも映画にギュッとつまっています。
内田監督の挑戦を後押しすることで、私たちがお伝えしたかった挑戦することの素晴らしさを見えるカタチでお伝えできるのではないかと考えました。

そして同時にこれは私たちの挑戦でもあります。
映画への協賛ははじめてですが、一人でも多くの方にご覧いただき、心を震わせていただきたい、人生を彩るサポートをしていきたいという想いで臨んでいます。その想いにたがわない素晴らしい映画だと自信をもっておススメいたします!

こんな方におススメ!

誰もが一度は経験がある、突然の環境の変化。

映画の冒頭もいわゆる「青天の霹靂」からスタートします。変化に順応できず戸惑っている方、自分は不遇だなあと悶々としている方。ミッドエイジクライシスに悩んでいる方、挑戦することは不毛だと感じる方、そして、仕事熱心なお父さんやお母さんを持つお子様にも!様々な立ち位置や視点で楽しむことが出来る映画です。どうぞお楽しみに!

「異動辞令は音楽隊!」公式Twitter↓




この記事が参加している募集

企業のnote

with note pro

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!