ひふみラボ note

投資信託「ひふみ」を運用するレオス・キャピタルワークスの公式noteです。ちょっととっつきにくいと思われがちな「投資」のこと、「お金」のこと。本当の楽しさ、おもしろさを伝えたくて、あれこれ研究していきます。金融商品取引法に基づく表示等 https://bit.ly/2On4z9V

ひふみラボ note

投資信託「ひふみ」を運用するレオス・キャピタルワークスの公式noteです。ちょっととっつきにくいと思われがちな「投資」のこと、「お金」のこと。本当の楽しさ、おもしろさを伝えたくて、あれこれ研究していきます。金融商品取引法に基づく表示等 https://bit.ly/2On4z9V

    マガジン

    • 【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝

      第14回山本七平賞を受賞され、100年経営の会顧問や、日本将棋連盟アドバイザーなど、多方面でご活躍されている作家・北康利先生による新連載企画です。 日本林学の父、公園の父と呼ばれる本多静六氏。明治神宮や代々木公園などの設計に留まらず、「四分の一天引き貯金」といった画期的な手法を提唱しました。 本多静六氏の、人生を豊かに生きるためのノウハウを通して、コロナ禍で下を向きがちな現代を生きる全ての日本人に、明るい未来を考える端緒として、お読みいただければ幸いです。 ※毎週金曜日更新

    • #ゆたかさって何だろう

      noteとコラボして開催している投稿コンテスト「#ゆたかさって何だろう」についての投稿をまとめてマガジンにしています。皆さんにとっての「ゆたかさ」をたくさんご紹介します。

    • 子どもに伝えたい、お金のこと2

      大好評連載「子どもに伝えたい、お金のこと」が再始動! 「これから子どもにお金のことをどう教えていけばいいのか」と戸惑っていらっしゃるお父さんお母さんはいらっしゃいませんか。 同じくそんな悩みを持つライターの森川紗名さんが「投資のプロ」でもあるレオス・キャピタルワークスのメンバーが考える「お金の教育」について、率直に尋ねていきます。

    • 映画「異動辞令は音楽隊!」特別コンテンツまとめ

      内田英治監督・脚本の映画「異動辞令は音楽隊!」にレオスは協賛しています。こちらのマガジンでは映画への私たちの想いがつまったコンテンツや映画をより楽しんでいただけるような記事をまとめていきます。

    • 叡王戦 レオス社員による観戦・舞台裏レポート

      レオスが特別協賛をつとめる将棋の八大タイトルの一つ「叡王(えいおう)戦」の五番勝負。 レオスのメンバーが舞台裏も含めてレポートしてまいります。

    記事一覧

    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #52

    前回はこちら↓ 【明治神宮 大鳥居】 第四章 緑の力で国を支える (22) 明治神宮建設計画二度の対外戦争に勝利して欧米列強の仲間入りを果たした明治という偉大な時代の…

    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #51

    前回はこちら↓ 【日本のバーデン・バーデン 由布院】 第四章 緑の力で国を支える (21) 日本のバーデン・バーデン和歌山公園の設計で対立した静六と南方熊楠だったが、…

    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #50

    前回はこちら↓ 【武蔵嵐山の名付け親 本多静六】 第四章 緑の力で国を支える (20) わが国公園の父日比谷公園の設計で自信をつけた彼は、その後も講演などで市民の健康…

    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #49

    前回はこちら↓ 【本郷高徳】 第四章 緑の力で国を支える (19) 有徳の人・本郷高徳静六は日比谷公園の設計を機に、造林だけでなく造園の第一人者としての地位を意図せず…

    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #52

    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #52

    前回はこちら↓

    【明治神宮 大鳥居】

    第四章 緑の力で国を支える (22)
    明治神宮建設計画二度の対外戦争に勝利して欧米列強の仲間入りを果たした明治という偉大な時代の終焉は、当時の日本人にとって大きな衝撃であり、明治天皇に対する敬慕追悼の念もまた格別なものがあった。
    明治天皇が崩御されてすぐ、
    「御陵は是非東京の地にお願いしたい」
    という声が東京市民の間から澎湃(ほうはい)とあがったのも無理か

    もっとみる
    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #51

    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #51

    前回はこちら↓

    【日本のバーデン・バーデン 由布院】

    第四章 緑の力で国を支える (21)
    日本のバーデン・バーデン和歌山公園の設計で対立した静六と南方熊楠だったが、二人の間には大きな共通点があった。
    南方と言えば熊野のクスノキの保護活動が有名だ。一方の静六も、日比谷公園の大イチョウの移植に自分の首をかけたくらいで、木に対する愛情は人一倍深い。
    静六は二〇年かけて日本全国(朝鮮、台湾を含む)の

    もっとみる
    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #50

    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #50

    前回はこちら↓

    【武蔵嵐山の名付け親 本多静六】

    第四章 緑の力で国を支える (20)
    わが国公園の父日比谷公園の設計で自信をつけた彼は、その後も講演などで市民の健康増進のための公園の重要性を力説し、求められると自らその設計にあたった。
    彼の携わった公園は、北は北海道から南は鹿児島県の三二都道府県に及ぶ。県別で見ると、長野県は六ヵ所、埼玉県と愛知県は五ヵ所もある。
    〝大小合わせて数百に及ぶ〟と

    もっとみる
    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #49

    【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #49

    前回はこちら↓

    【本郷高徳】

    第四章 緑の力で国を支える (19)
    有徳の人・本郷高徳静六は日比谷公園の設計を機に、造林だけでなく造園の第一人者としての地位を意図せずして獲得することとなった。結果として全国から公園の設計・改良の依頼が殺到し、やがて彼は〝わが国公園の父〟と呼ばれるようになる。
    後に東京高等造園学校(現在の東京農業大学地域環境科学部造園科学科)を創立して初代校長となり、造園学の大

    もっとみる