アナリストが見つけたビジネストレンド ひふみのアンテナ

10
ノート

“日本最古のストラテジスト”が語る!ロス米商務長官に言われた皮肉とは/三宅一弘(前編)

投資信託「ひふみ」のアナリストに、ビジネスや世の中の流れを語ってもらう連載、「ひふみのアンテナ」。7人目は、景気などマクロ経済や、株式市場全体を分析する経済調査室長、三宅一弘です。昭和、平成、令和と3つの時代にわたって株式市場を分析してきた現役で、社内では尊敬と愛情を込めて「日本最古のストラテジスト」と呼んでいます。

前編ではブラックマンデーやITバブル崩壊、リーマン・ショック当時の出来事などを

もっとみる

「ひふみワールド」のファンドマネージャーが 米国のプロレス興行会社を取材した理由/湯浅光裕(後編)

投資信託「ひふみ」のアナリストにビジネスや世の中の流れを語ってもらう連載、「ひふみのアンテナ」。

前編に引き続き、9月26日から購入の 募集が始まる世界株投信「ひふみワールド」のファンドマネージャーを務める湯浅光裕が、「世界への投資」をテーマに語ります。

前編では、世界の地域別の注目ポイントを語ってもらいましたが、後編ではもう少し具体的に、どんな企業に興味を持っているのか、どんな取材をしている

もっとみる

新ファンド「ひふみワールド」運用責任者が見る 投資先としての世界/湯浅光裕(前編)

投資信託「ひふみ」のアナリストにビジネスや世の中の流れを語ってもらう連載、「ひふみのアンテナ」。

わたしたちレオス・キャピタルワークスは、新たに世界株を投資対象とした投資信託「ひふみワールド」の運用を10月8日から始めることになりました(募集開始は9月26日)。

詳細はこちら↓

「ひふみワールド」のファンドマネージャーを務めますのは、レオスの創業者でもある湯浅光裕です。運用経験は社長の藤野英

もっとみる

ルーツはバッファロー牧場、愛からイノベーションが生まれる/栗岡大介(後編)

投資信託「ひふみ」のアナリストにビジネスや世の中の流れを語ってもらう連載、「ひふみのアンテナ」。前編に引き続き、レオス・キャピタルワークスの中でも飛び抜けて熱いパッションを持つアナリスト、栗岡大介に「ビジネスや投資で儲けること」の本質を聞きます。

聞き手はマーケティング・広報部の大酒です。後編では栗岡アナリストのルーツに迫ります。

前編はこちら↓

ネイティブ・アメリカンの教え

――前編では

もっとみる

「儲け」の根源を探ってみたら、「愛」だった/栗岡大介(前編)

投資信託「ひふみ」のアナリストにビジネスや世の中の流れを語ってもらう連載、「ひふみのアンテナ」。今回はレオス・キャピタルワークスの中でも飛び抜けて熱いパッションを持つアナリスト、栗岡大介に「ビジネスや投資で儲けること」の本質を聞きます。

聞き手はマーケティング・広報部の大酒です。最初に、私が前職の新聞記者時代から「気になっていたこと」を栗岡アナリストにぶつけてみました。

栗岡 大介(くりおか

もっとみる

年4カ月は「出張中」アナリストのトランクの中身、見せてください/八尾尚志

投資信託「ひふみ」のアナリストにビジネスや世の中の流れを語ってもらう連載、「ひふみのアンテナ」。今回は海外出張前の八尾尚志シニア・アナリストを捕まえて、役立つ出張術を聞いてみました。大きなトランクの中にはビジネスのヒントがいっぱい詰まっていました。

レポーターはレオス・キャピタルワークス マーケティング・広報部の大酒が担当します。

海外は現地での利便性、国内は機動性

――八尾さん、今日はトラ

もっとみる

財布を持ち歩かないアナリストが見るキャッシュレス勝ち組の条件とは/堅田雄太(後編)

投資信託「ひふみ」のアナリストにビジネスや世の中の流れを語ってもらう連載、「ひふみのアンテナ」。前編に引き続き、“財布を持ち歩かないアナリスト”こと堅田雄太に、キャッシュレスの未来について語ってもらいます。

前編はこちら↓

聞き手はマーケティング・広報部の大酒です。

地味な裏方が好きなアナリスト

――キャッシュレス関連企業を調査していると、自分のアナリストとしての志向が分かってきたとのこと

もっとみる

財布を持ち歩かないアナリストが見るキャッシュレスの未来/堅田雄太(前編)

投資信託「ひふみ」のアナリストにビジネスや世の中の流れを語ってもらう連載、「ひふみのアンテナ」。今回は“財布を持ち歩かないアナリスト”こと堅田雄太に、その生活とキャッシュレスの未来について語ってもらいます。

聞き手はマーケティング・広報部の大酒です。

堅田 雄太(かたた ゆうた)
レオス・キャピタルワークス 運用部 アナリスト
2012年、レオス・キャピタルワークスにアルバイトとして入社。20

もっとみる

中国アパレルの倉庫にはロボットがゾロゾロ…⁉︎/韋 珊珊(後編)

投資信託「ひふみ」のアナリストにビジネスや世の中の流れを語ってもらう連載、「ひふみのアンテナ」。

前編に引き続き、シニア・アナリスト韋珊珊(ウェイ・シャンシャン)に中国出張で見つけたトレンドについて語ってもらいます。

聞き手はマーケティング・広報部の大酒です。

子供の頃から馴染みのあるアパレルに念願の取材

――今回の出張、どうしても取材したい企業があったそうですね。

私が子供のころに着て

もっとみる

中国インターネット企業 誇張じゃなかったモーレツ「996勤務」/韋 珊珊(前編)

はじめまして。令和の初日、5月1日にレオス・キャピタルワークスのマーケティング・広報部に新メンバーとして加入しました、大酒と申します。

実際に入社してみると、調査から帰ってきた運用部のアナリストたちが企業やビジネスのトレンドについて、社内で熱く語っている場面によく遭遇します。

みんなそれぞれにキャラクターが濃いですし、雑談でも面白くてかなり勉強になるので、せっかくなら思う存分語ってもらいたい!

もっとみる