【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝

13
【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #12

【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #12

前回「第二章 暗い井戸の底をのぞき込んだ日 (4)」はこちら 第二章 暗い井戸の底をのぞき込んだ日 (5)一度は揺らいだ林学への志明治一九年(一八八六)七月、東京山林学校は駒場農学校と合併し、新しく東京農林学校となって、西ヶ原から駒場に引っ越すこととなった。 これにより日本初の総合的な高等農学教育機関が誕生したことになる。そう言うと体裁はいいが、実際には政府の財政難が背景にあった。要するに統合による運営コストの圧縮が狙いだったのだ。 だが静六は嬉しかった。駒場の寄宿舎は二階

34
【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #11

【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #11

前回「第二章 暗い井戸の底をのぞき込んだ日 (3)」はこちら 第二章 暗い井戸の底をのぞき込んだ日 (4)性格と人相を変える努力静六は自らの人生を、人並み外れた努力と工夫によって切り開いていった。 実家にいた頃の勉強時間不足は〝米搗き勉強〟で克服し、東京山林学校に入学してからの運動不足は〝エキス勉強〟で乗り切ったわけだが、今度は驚くべきことに、自分の性格をも矯正しようとするのである。 彼は自分の性格に関して、こんな思い出話を自伝に記している。 満一〇歳頃のこと、若い女性の

40
【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #10

【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #10

前回「第二章 暗い井戸の底をのぞき込んだ日 (2)」はこちら 第二章 暗い井戸の底をのぞき込んだ日 (3)落第をチャンスに変えて入学当初、東京山林学校は三年制で、前期と後期に分かれていた。 今で言う教養課程にあたる前期では、植物、動物、物理、化学、地質学、数学、山林歴史などの基礎科目を学び、後期は専門科目として山林植物学、山林動物学、造林学、山林保護法、山林測量術、樹木測知法、山林利用論、営林規法論、林政論、法律論、経済論、林価算定法を修得することになっている。 ところが入

78
「若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝」著者・レオスメンバー座談会 (1)

「若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝」著者・レオスメンバー座談会 (1)

はじめにこんにちは。ひふみラボ編集部です。 2021年4月より連載が始まった、作家・北康利先生による、林学者で投資家の本多静六の投資哲学を現代に伝える連載小説「若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝」。物語は第二章に突入し、静六の成長が描かれていきます。 今回は番外編として、北先生とレオス・キャピタルワークス株式戦略部のシニア・ファンドマネージャーである八尾 尚志と、シニア・アナリストの小野 頌太郎に作品の感想や感じたことなどを語り合う座談会を設定しました。連載の裏話や関連す

35
【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #09

【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #09

前回「第二章 暗い井戸の底をのぞき込んだ日 (1)」はこちら 第二章 暗い井戸の底をのぞき込んだ日 (2)無謀だった山林学校受験島邨(しまむら)の言うとおり、東京山林学校は官立なので学費は安かった。修学上必要最低限の教科書代や制服や靴なども支給されることになっている。当時はまだ将来何になろうという確かな志望があったわけではなかったが、安い学費で勉強できることに強く惹かれた。 そのことが、一生を林学に捧げる出発点となるのである。 募集は二月、九月開始の二期生で、募集数はそれぞ

42
【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #08

【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #08

前回「第一章 勉強嫌いのガキ大将 (5)」はこちら 第二章 暗い井戸の底をのぞき込んだ日 (1)我が国林学の父・松野礀東京山林学校は、山林行政を担っていく官吏養成を目的に設立された学校であった。 農政の養成機関としては、すでに駒場農学校が明治一一年(一八七八)に開校している。同校の開校式には明治天皇が臨席され、皇族や大久保利通内務卿なども参列した。農業振興が国の基礎であることは明治以前からこの国の基本思想であり、思い入れの強さがうかがえる。 林業も農業に遅れはしたものの、殖

38
【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #07

【北康利連載】若者よ、人生に投資せよ 本多静六伝 #07

前回「第一章 勉強嫌いのガキ大将 (4)」はこちら 第一章 勉強嫌いのガキ大将 (5)島邨泰(しまむらやすし)と米搗(つ)き勉強明治一三年(一八八〇)、満一四歳でようやく念願の上京が許された静六についてである。 上京すると言ってもまだ若い、頼る人がいなければ路頭に迷ってしまう。かつて兄金吾が教えを受けていた遷喬館元館長の島邨泰を頼ろうということになったのだが、静六だけで行かせるわけにもいかない。 そこで母やそは、実家の兄金子茂右衛門に相談にのってもらうことにした。 やその実

44